ルーレットは儲かるのかと疑問な人へ

ルーレットは果たして儲かるのだろうかと疑問を持っている人に対して答えるのであれば、結論から言うと儲かりません。もちろん、一時的な話であれば勝つこともありますが、勝ち続けることは不可能です。これはルーレットの仕組み上、誰であっても同じことが言えるものであり、一時的に勝つ人はいたとしても勝ち続ける人はまず存在をしません。

それではなぜルーレットが儲からないのかというと、技術によって勝率を高めることが不可能なゲームであるためです。ルーレット歴が何十年あるベテランでも、今日始めたばかりの初心者であっても次に出る目を当てる確率は同じです。最もシンプルな赤黒賭けであれば、ベテランでも初心者でも当たる確率というのは大体50パーセントで、ベテランだと勝率が高くなるということはありません。

そして、大体50パーセントというのがポイントでルーレットで赤黒賭けをしたときの勝率は正確には50パーセントではありません。なぜなら、赤でも黒でもない0や00が盤面に配置をされているので、その分だけ勝率は下がってしまうことになるためです。

この赤でも黒でもなければ、奇数でも偶数でもない0の存在がルーレットを儲からないものにしているのです。0はこの数字に賭けた人以外は全てハズレとなってしまう目であり、カジノがルーレットで儲かるための数字とも言えます。0があることから赤黒賭けをした時に勝率は50パーセントになりませんし、奇数偶数賭けでも50パーセントになりません。

一点賭けをする場合でも、本来的中する確率を考えると36倍以上の払い戻しがなければ割に合わないのですが、0がある分だけ割りを食っていることになります。このように当たる確率と払い戻しのバランスが参加者に不利になっている以上は、参加者が儲かることはありえないということになるのです。

これはあくまでもルーレットを続けていった場合の話であり、短期的には勝ったり負けたりですから、最初の段階で運よく大当たりをすることができた場合には、そのまま勝ち越すことも不可能ではありません。ルーレットは続けるほどに儲かる可能性は低くなるので、早い段階で大当たりを引いてしまってその時点で勝ち逃げをするのが、唯一儲かる方法となります。

ただし、このやり方は大当たりを引かなければなりませんから、必然的に確率の低い勝負を強いられることになるので負けを早めるやり方にもなりうるため、やはり大半の人は儲からずに損をして終わってしまうことになるということを覚えておきましょう。