地域により異なるルーレットで遊ぶ時のドレスコード

ルーレットで遊ぶ時に意識するべきことの一つはドレスコードであり、服装を安易に考えてルールを守らないと、会場へスムーズに入れないこともあるくらいです。全てのカジノが同じルールを設けているわけではなく、地域によりルーレットで遊ぶ際のドレスコードには違いがあります。

比較的規定が緩く設定をされているのは、アジアの地域です。マカオは世界最大級のカジノ都市で知られていますし、オーストラリアや韓国にシンガポールなど、世界を代表する観光都市でもあります。なぜ衣類に対しての規制が緩めなのかというと、アジアでは庶民の暮らしの中でとても近い遊びのひとつがカジノだからです。現地の人は身近な遊びとして楽しむ傾向があるので、マカオなどでは足音にはサンダル、上はTシャツで下はハーフパンツのスタイル姿の人もいます。

しかし周囲の人の視線もありますので、恥ずかしくない服装をした方が旅行者にとってはストレスがありません。男性の足元はスニーカー、上は袖付きシャツで下はショートではなく、長ズボンを合わせることです。女性はトップスに袖のある衣類を選び、歩きやすいロングパンツに足元はパンプスなどを合わせます。

規定はアジアよりも厳しくなるのはオセアニアのカジノであり、ルーレットで遊ぶにしてもラフすぎる衣類はNGです。袖付きシャツと革靴に長洲便で男性は決め手、女性であれば足元はヒール、衣類はワンピースやミニドレスを合わせます。スマートカジュアルで決めることで、問題なく会場に入ることは可能です。

アフリカでのルーレットで遊ぶ時のドレスコードも、同様にスマートカジュアルになります。イカサマが起こらないように、マスクやサングラスに帽子の着用は不可であり、手荷物も大きなものは持ち込むことができません。ヨーロッパはカジノ発祥の聖地でもあり、カジノはすでに35カ国において合法化されている地域です。ドレスコードに関してはヨーロッパは大変規定は厳しく設定をされているので、服装はフォーマル以外では会場に入ることも許されません。

ジャケットを羽織りネクタイをするのは、男性の服装の基本です。ブラックスーツを選ぶことや、タキシードの着用など、衣類の種類の義務付けをされていることもあります。手にはクランチバック、服装はロングドレスというのが、女性たちの服装のお手本です。エンターテイメント要素の強い観光地としても知られる、北アメリカは規制は緩いので、カジュアルな服装で訪れることができます。