ルーレットの勝率はどれくらい?初心者でも勝てる?賭け方と投資法がポイントになる

ルーレットの勝率は、普通に行うと単純計算で37分の1の確率で勝つことができます。しかし、必ず1点賭けを行わなくてはならないわけではなく、いくつかに分散させてリスクを回避することも可能です。この場合も、勝率で述べれば勝つことは十分できます。しかし、利益を確定させることができるかどうかはわかりません。ルーレットの場合は、勝率を利益率と解釈するのか的中率と解釈するかによって考え方が大きく変わってくるからです。こういった問題点がある中で、初心者でも効率的に勝てるようにするためにはその両方の観点から投資法や賭け方を考える必要があります。

ルーレットでは、最も簡単に初心者でも勝てる方法としてベアビック法と呼ばれる手法が存在します。ルーレットは、0と1から36の数字によって構成されていますので、37箇所全ての数字に賭けることも理論上は可能です。しかし、こうしてしまうと利益が出なくなってしまいます。そこで、37箇所の内で35箇所にチップを賭けるようにします。この場合、全体で94%以上のルーレットの勝率になりますので、勝ち続けることができればきちんと利益も出るようになります。しかも、負ける確率が約5%程度であるため連続で勝ち続けることも夢ではありません。

初心者でも、もう少し利益が欲しいと考えている人はフラワーベットと呼ばれる手法もあります。これは、文字通りチップを特定の数値からフラワー状に分散して賭けていく手法です。9つの数値にチップを置くように、真ん中の数値を配置するのがコツです。このとき、当たる確率は全体で24%になりますし、最大の配当も100倍を超えることがあります。勝率と利益を上手く向上させることができるため、初心者であっても勝てる可能性は高いです。

さらに、投資法としてはココモ法という方法がわかりやすいです。ココモ法は、前回と前々回で負けた数字をプラスして単純にお金を計算していく投資法です。例えば、1回目と2回目で100円を使っていた場合には3回目に200円となり、4回目には300円を使うことになります。ココモ法の大きなメリットは、マーチンゲールのような倍賭け法と異なって参加者の資金が底をつかない可能性が高いことです。現実的な金額に焦点を絞ってルーレットに参加できますので、勝ったときの配当は大きいですし、負けたときの損失も小さくできるため初心者にとっても画期的な方法だといえます。