ルーレットチップって何?ルールを覚えよう

ルーレットはカジノでも人気がありますが、これから始めようと思うのであればチップを用意する必要があります。必要な分だけ現金から交換を済ませたら、ディーラーの投げた球がどこに落ちるのかを予想してテーブル上にチップを置きます。ディーラーがノーモアベットと宣言するまでは置くことが出来ますが、宣言後は置くことができなくなるので慎重に予想をしてみて下さい。掛け時間終了後にディーラーがルーレットを回すので、ホイールをしっかりと見守りましょう。予想した場所にボールが入れば勝ちとなりますが、入らなければ負けてしまうのでチップはそのままディーラーに徴収されて終わりという手順で終わりです。

ルーレットは簡単なようでいて奥が深いですが、賭け方もいろいろあるのでじっくりと楽しんでみてください。分かりやすいのが数字一つだけに置く1点賭け(ストレートアップ)で、非常に当たる確立が低いので高配当になっています。その次に隣接した数字二つだけに置いている2点賭け(スプリットベット)で、ストレートアップよりは当たりますがそれでも確立自体は低いのでこちらも高配当になります。縦1列の数字3つに賭けるストリートベットはトリオベットとも呼ばれていて、こちらもそこそこ高配当の賭け方です。4点賭けならコーナーベット、別の呼び方としてクゥアドベット、スクエアベットとして賭けることが出来ます。また、ストリートベットは1列3つの数字ですが、2列6つの数字に賭けるラインベットまたはシックスナンバーズベットという賭け方も出来ます。一部ルーレットの種類で限定される賭け方もあって、1、2、3、0の4つの数字に賭けるフォーナンバーベットや、それに似たファイブナンバーベットまたはクィントベットという賭け方もあり、幅広い遊び方ができることが分かります。

数字部分以外のところにも文字が書いてあってアウトサイドベットと呼ばれますが、そちらを使って遊ぶ場合には当たりやすくなる分だけ配当自体は少し低くなります。ローリスクローリターンであると思えば分かりやすいでしょう。ルーレットはチップの置き方次第でどのボールに対して賭けているのかということが全く変わってきます。自分がどこにチップを置いたのか、スプリットやストレートなど、間違えないように確認して置かないと、狙っていたのに当たっていないということにもなりかねません。宣言が出るまでしっかり見直してルーレットを楽しみましょう。