ルーレットでの勝ち方ってあるの?という疑念に答えます

ギャンブルに挑戦するのであれば、少しでも勝率を上げるために勝ち方のコツなどを掴んでおきたいものです。それではカジノの人気種目であるルーレットでも必勝法のような勝ち方はあるのでしょうか?結論から言ってしまうと全てのギャンブルがそうであるように、ルーレットにおいてもこうすれば100%勝てるといった完璧な必勝法は存在しません、しかし賭け方を工夫することで何も考えずにゲームに参加する人よりも勝率を上げる勝ち方のコツは存在します。

まずゲームを始める前に必ず勝利ラインと撤退ラインを設定しましょう。勝利ラインとはこれだけ勝ったら席を立ち精算するというクリア目標です。なぜ勝利ラインが必要なのか、それはルーレットに限らず全てのギャンブルには控除率という胴元の取り分があるからです。控除率が存在するギャンブルでは、ゲームの回数が増えるほどプレイヤー側が負ける可能性が高まります。極端な話、100万回ルーレットをして収益をプラスにすることは、プロのギャンブラーでも不可能なのです。調子がいい時はどんどん攻めたくなるものですが、無限に勝ち続けることはできませんので引き際を考えておきましょう。

撤退ラインは逆にここまで負けたら諦めて席を立つという自分ルールです。撤退ラインは勝利ラインよりもある意味重要です。なぜなら人間は負ければ負けるほど次に勝って損失を取り戻そうと考えてしまうからです。しかし負けて血が頭に上った状態では冷静な判断はできません、怒りに任せて続けても損失は膨らむばかりです。

次に具体的な賭け方ですがルーレットでは目の偏りを読むことが重要になります。ルーレットといえば赤賭け、黒賭けが有名ですが、これらの目は常に50%の確率で推移する訳ではありません。長いゲームの中で必ず黒が連続したり、赤が連続する目の偏りが発生します。いち早くこうした目の偏りに気がつき勝負所で大きく賭けることがルーレットで勝つコツです。

また自分が流れを読めていると思った場合は、マーチンゲール法が有効です。これは自分の読みが的中するまで負けるたびに賭け金を2倍にしていくという戦略です。理論的にはどこかの時点で必ず自分が勝って負け分を回収できるのが魅力ですが、これが必勝法として成立するのは自分の資金とテーブルの最大賭け金が無限である場合に限る点に注意してください。マーチンゲール法は普通に使うとすぐに資金が枯渇してしまいますが、自分の読みが冴えていて資金が尽きる前に当たりを引ける自信がある時は有効な作戦です。