ルーレット必勝法!ルーレットで稼ぎたいなら、シフトベット法を知っておこう

シフトベット法はルーレットの回転盤を4つのエリアに分割して、同じエリアに含まれる9つの数字の全てにストレートベット(1点賭け)をする攻略法です。ルーレットにはアメリカンスタイルとヨーロピアンスタイルの2種類存在しますが、シフトベット法はアメリカンスタイルのルーレットで利用できる方法となります。また、数字の配置が異なるヨーロピアンスタイルにはネイバーベット法という攻略法がありますが、基本的な考え方はシフトベット法と同じです。シフトベット法をマスターすることができれば、手堅く収益を上げることが可能となるため、ぜひチャレンジしてみてください。

まず、シフトベット法を行うにはホイールにある数字をAからDの4つのエリアに分割する必要があります。エリアA(0シフト)は「2・9・11・14・23・26・28・30・35」、エリアB(00シフト)は「1・10・12・13・24・25・27・29・36」、エリアC(753シフト)は「3・5・7・15・17・20・22・32・34」、エリアD(468シフト)は「4・6・8・16・18・19・21・31・33」といったように隣り合った9つの数字を4つのエリアに分割します。

最初のゲームでは、プレイするルーレットの傾向を把握するために、最低ベットで赤黒の賭けを行ってください。次に、ホイール上に自分で目印を設定してその位置に「0」の数字が来た時にスピンを行います。目印はこの後のゲームでも非常に重要な役割を果たすため、分かりやすい位置に設定することが重要です。また、最初のゲームで出た結果によって次のゲームで賭けるエリアが決まるため、玉が落ちた数字をしっかりと記憶しましょう。

2ゲーム目からは最初のゲームで玉が落ちた数字を参考にして、同じエリアに含まれる数字にストレートベットを行います。例えば、最初のゲームの結果が「2」であった場合は、エリアAに含まれる9つの数字すべてにストレートベットしましょう。スピンは最初のゲームと同様のやり方で、目印に「0」が来た時に行います。最初のゲームと全く同じタイミングでスピンを行うことで、同じエリアに玉が落ちる可能性を高めることができるという仕組みです。第3ゲームからも同様で、最初のゲームで出た結果と同じエリアに賭け続けることになります。

シフトベット法は、ルーレットのスピンを自分のタイミングで行うことを前提としているため、玉を投げ込むタイミングをディーラーが決めるランドカジノなどでは非常に難しい攻略法です。しかし、ディーラーは1日に何度もスピンを繰り返しているため、同じようなタイミングと力加減になる傾向があります。そのため、ディーラーの癖や特徴を見抜くことができれば、玉がどの位置に落ちるのかをある程度予想することが可能です。