ルーレットの賭け金はどれくらい必要かは、所持金次第

昨今、日本でもカジノ法案と言われている日本国内にカジノ建設を推進しようという議論が活発になされています。海外ではカジノの歴史はとても古く、古く昔からカジノゲームの種類はほとんど変わっていません。日本国内で人気のカジノゲームといえばバカラやブラックジャックをあげることが出来ると思いますが、ルーレットも人気のゲームのひとつです。

ルーレットに限らずほとんどのカジノゲームで必要になってくるのが資金管理をする能力です。どのようなゲームでもそのテーブル毎に最低賭け金が存在します。最低賭け金以下では勿論プレーすることが出来ないのですが、最低賭け金しか所持金がないような状態だと一度しかプレーすることができません。多くの参加者の中では最低賭け金の十倍の資金を用意して資金を十分割してプレーするといった人もいます。この方法は海外では10パーセント法といわれており、常に自分の所持金の10パーセントを賭けるといった方法です。

この方法が1パーセントの人もいれば、5パーセントの人も存在します。ですので、自分の所持金から賭ける金額を逆算して考えるといった方法をとってみてもいいかもしれません。特にルーレットに関しては他のカードゲームに比べて最低賭け金が低めに設定されているところも多いので、所持金が少ないような人でも楽しめるゲームとなっています。

また、ルーレットは、赤と黒といいようなほぼ半分の確率で当たる場所が存在するので、ずっと負けが続くといったことが少ないです。しかしながら、赤と黒ならほぼ半分の確率で当たるゲームながら負けが想像以上に続くことがあります。その時に大切になってくるのが資金管理方法であり、最低賭け金の何倍の資金を持っていればその負けが続く流れに耐えることができるのかといったことを考えなければなりません。

カジノゲームの特性上、還元率が90パーセントを超えているので、長時間プレーしない限り、きちんとした資金管理を行えば破産することは珍しいです。還元率が90パーセントということは例えば1万円を賭けると9000円が返ってくるということです。常に正しい資金管理を行えば90パーセントは返ってくるので自分の所持金に対していくらをルーレットの最低賭け金として設定すればいいのかということは、まずは自分の所持金がいくらであって、何連敗を想定して、その連敗に耐えることが出来る賭け金はいくらなのかといった方法が大切です。